最近気になるサービス3つ

2010年はweb業界では「twitter」や「facebook」といったソーシャルメディア、合同クーポン購入サービス、IPサイマル放送「radiko(ラジコ)」などが流行りました。

私なりに、ちょっと気になるサービスをまとめてみました。

App Inventor for Android

App Inventor for AndroidブラウザでAndriodアプリを作成できるサービスです。

私はiPhoneユーザーなのでまだ試せていませんが、AndroidアプリをSDKなどをインストールする必要なく、作業をするマシンと携帯をUSBで接続をしておいて、ブラウザでパーツをドラッグ&ドロップしながら、アプリケーションをサクサクっと作ることができるという敷居の低さは非常に魅力的なサービスです。

これでアプリケーション開発の敷居を下げて、「もっといろいろな事が出来ないかな」という好奇心を駆り立ててSDKを入手したくなる人が出てくるなら、アプローチとして非常に面白いですね。

AngelList

AngelList

twitterアカウントを利用して、「投資家」と「起業家(事業者)」を結ぶサービスです。

私個人は、非常に良いサービスだなと感じますので、日本でこのサービスがローカライズされれば、非常に楽しいかも知れません。(ただ法律的にOKなのかは調べていないので分かりません)

Kinect

kinectwebとは直接関係ありませんが、個人的に気になるのがKinect。

KinectはMicrosoftの家庭用ゲーム機 Xbox360の周辺機器で、コントローラを持たずに、体のアクションで遊べるというセンサーシステムです。

先日、骨折入院をしたので、そのリハビリに…と思って購入したXbox360+Kinectセットに、ただ今はまりまくっています。

そして、このKinectはPCとUSB接続をして利用できるKinectドライバやアプリケーション(MMDAgentMikuMikuDance など)も続々と出てきているので、Kinectで作られたコンテンツがwebにやってくるのも時間の問題でしょう。


ということで、3つの気になるサービスをまとめてみました。

これからも気になるサービスなどを、挙げてゆきたいと思っています。

コメントを残す

このページの先頭へ